人を知る

働き方インタビュー

#01

設計士君島 忍

ただの設計ではなく、
「暮らし」をつくる。
お客様の理想を
実現する仕事です。

Q1.廣神建設に惹かれた理由、入社を決めた理由は?

実家が建築事務所で、祖父が大工でした。身内に設計や不動産関係の仕事についている人が多くて、この業界に入るのは自然な流れでした。でも、学生時代は別のことをやりたいと思っていて、実は大学では日本美術を学んでいましたし、大学卒業後はアルバイトで家具屋で働いていました。その後、やっぱり自分はこちらの道なのかなと思い直して、建築の専門学校に通いながら実家の仕事を手伝っていました。専門卒業後の就職先として、探していたのは「なんでもやらせてくれる会社」です。自分はとにかく前線に立って、設計や現場を経験したかった。その後は、マーケティングや経営にも携わっていきたいと考えていたので、そういう懐の深い会社を探していました。廣神建設はまさにそういう会社で、社長に面接してもらった時に非常に受け入れてくれる幅が広い人だなと感じました。まだ人数も少ないし、社内の雰囲気も穏やかそうで、とても良い印象を受けました。ここなら、きっと自分にもたくさんのチャンスが回ってくるだろう、そう思って入社を決意しました。

Q2.廣神建設での仕事のやりがい・大切にしていることを教えてください。

廣神建設での設計士の仕事は、ただ設計するだけではありません。いちばん重要なことは、お客様の「暮らし」をデザインしてつくりあげることです。お客様が仰る間取りの希望などは、本当の理想を全て表現しているとは限りません。なので、なんでも言いあえる信頼関係をつくるために、お客様ごとに話すトーンやテンションを合わせたり、適切な距離感を常に心がけています。結構お客様が言うことって簡単にブレるので、本当に目指す所はどこなのか?をブラさないようにしてあげるのも僕らの仕事です。丁寧に、理想の暮らしのイメージを共有できることはとてもわくわくします。ゴールに向かって一緒に試行錯誤する過程はやりがいもあるし、とても楽しいですね。お客様と同じ想いでたったひとつの家をつくりあげて、お客様の嬉しそうな顔を見ることがとても嬉しいです。実際に仕事をしてみてわかったのは、学校で学んだことは三割も使えないということ。打ち合わせに入って初めて知ることもありますし、先輩や社長の図面を見て質問して、今でも日々勉強です。そうやって大切に目の前のお客様に取り組んでいるからこそ、家が完成した時の喜びは大きいです。

Q3.今後の目標を教えてください。

まずは会社の売上に貢献していきたいという思いがあります。WABIKAというブランドのコンセプトに共感しています。商品の良さをしっかりと伝えて、会社自体のブランド力が高まるような設計を今後もしていくつもりです。また、ブランドの立ち上げにも興味があります。自分自身のこだわりを表現した、他のデザインを手がけたときにどうなるのか、やってみたいと思っています。古き良きものを残しながら、現代の街並みに溶け込んで、繋がる。そんなデザインのブランドをつくってみたい、という気持ちがありますね。自分は将来的には独立したい意思もあるので、ブランド立案、運用の経験を将来に生かしたいです。廣神建設は、やりたいことは手をあげればやらせてくれる器の大きい会社なんですよ。

  • 人を知る働き方インタビュー