職人さん

投稿日:2020年02月16日

写真の大工さんが持っている材料は、WABIKAで最も使われているオーク材の床板です。

 

無垢板のため、一枚一枚表情や特性が違うので、同じ梱包の中でも使えるものと使えないものがあり、一旦バラバラにして選別し室内の空気になじませる作業をしてもらっています。

 

地味で大変な作業ですが、黙々と頑張ってくれている大工さんには感謝ですね。

 

私が見たらどの材料も良い状態に見えるのですが、大工さんが見るとだめらしいです。

 

今現状では問題ないけど将来的にねじれたり曲がったりする可能性が高いものを見抜いているようで、やっぱり職人は凄いなと感じます。

 

 

 

また、こちらのグレーの物体はWABIKAの外壁で最も多く採用されている塗り壁の下地となる「モルタル」をミキサーで練っている状態です。

 

ちなみに、「モルタル」とはセメントと砂を水で練ったもので、この機械で攪拌したものをコテで外壁に塗り付けていくのですが、これがまた簡単そうに左官屋さんがやっているのですが、とても難しい作業で、試しに塗らせて頂いたことが有りますが、均一な厚みで、凹凸を抑え塗りこむ作業はなかなか至難の業なんです。

 

 

でも、見てると簡単そうにやっているので、楽しそうだな~と思うのですが、………………(^^;

 

邪魔はしないようにしないとですね(^^;

オーダーメイド家具と建具の打合せ

投稿日:2020年02月15日

 

 

今日は家具屋さんの工場に設計担当数名を連れてWABIKAの特徴でもある造作家具と建具の標準仕様について打合せに行ってきました。

 

 

いや~、やっぱり図面上でできると思っていても、実際の現場では些細な事ではありますが問題が発生するな~と改めて感じます。

 

 

見た目のデザイン性を向上すると耐久性が落ち、無駄な装飾を極力削ぎ落しシンプルにすると逆にコストが上がったりと、悩ましい問題が山積していますが、いかにシンプルですっきりとさせつつも耐久性を上げてコストは程々にと言った無謀にも思えるようなことに、職人さんも含めて取り組んでいますが、これが本当に苦しくも楽しい作業です。

 

 

 

弊社の家具や室内建具は基本的には全て職人さんの手作りが標準になっているため、室内の雰囲気を大きく左右する重要な要素になるため、仕上がりの1㎜にこだわり仕様を決めています。

 

 

ちょっとしたことなのですが、わずかな厚みの違和感が居心地にまで影響するので妥協もできません。(^^;

 

 

 

 

今回は工場の見学もさせて頂きながら、打合せをしましたが楽しいですね~。(^.^)

 

 

色々な道具や機械を見ているだけでも萌えますね。
何も作れませんが、自分でも何か作ってみたいと思ってしまいます。

 

 

 

 

やっぱり現場が重要だということを再認識しながら、みんなでちょっと遅めのランチです。

 

 

断熱工事

投稿日:2020年02月14日

こんにちは、監督の木村です。前橋の現場は断熱工事が完了しました。気密シートも施工済です。

いちご大福

投稿日:2020年02月12日

こんにちは、浜田です。

 

先日社長が現場に行った際、スタッフにおやつを買ってきてくれました!

 

柴もちさんのいちご大福です✨

 

 

うーん、おいしいっ!!!

 

白あんが甘すぎず、イチゴがあま酸っぱく、最高のおやつでした!

社長、ごちそうさまです!より一層仕事頑張ります!!

(食べられなかったスタッフの方々申し訳ありません・・・💦)

 

高崎にはおいしいものがまだまだあるんだなぁとしみじみ感じた浜田でした。

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

高崎で和モダンテイストの平屋注文住宅を提案しているWABIKA。
どの部屋も庭との調和を大切にした癒しの平屋空間。
本格注文住宅ならではの飽きの来ないシンプルな和モダンデザインで群馬の風土に合った佇まいを実現。群馬で平屋注文住宅をご検討の際は是非無料相談会へ!

 

今日は少人数です

投稿日:2020年02月11日

 

今日もWABIKAの設計基準やルール、そして難しい納まりの図面検討会議です。

 

 

週1程度の開催ですが、結構な時間と労力を注いでいる弊社肝いりの会議で、その日はほぼ㏠納まりの検討をしているのですが、ようやくゴールが見えてきました。

 

 

尊敬する建築家の建物を見学し感動する部分が有ったら、その素晴らしい要素を最大限WABIKAらしさに新しく再定義して取り入れたり、過去の自社施工例などから良い部分を抽出したり、雑誌や書物などからインスピレーションを得てオリジナルの納まりへと組み立てたりととても苦しくもあり楽しい会議ですが、良いものができそうな予感がしています。

 

 

今回は少人数での取り組みですが、お客様に更に喜んでいただける家づくりに、また一歩近づいた感じですね。