国宝の古材

投稿日:2020年07月05日
Pocket

 

 

先日のお稽古は、利休さんが残した唯一の茶室とされる国宝「待庵」の古材で作った香合(お香を入れる器)を扱わせていただきました。

 

 

蓋の部分には古材ならではの傷をあえてあしらってあり、そんな傷を侘び寂びとして楽しむ茶道の美的感覚は面白いな〜と感じるお稽古でした。

 

 

こんな素敵な香合を扱わせて頂け、先生には本当に感謝です。

 

 

2020年7月5日 投稿|