杉板コンクリート

投稿日:2019年04月21日
Pocket

 

今日はお引渡し間近のお客様宅で外構のチェックです。

 

玄関を出て突き当りに設けたコンクリートの擁壁ですが、実は私の大好きなデザインになっています。

 

通常のコンクリートは特に凹凸もなく平らな仕上がりになりますが、ここは型枠に「杉板」を使うことでコンクリートに板模様をつける工法を採用しました。

 

 

外側の型枠を外すと、さらに中から杉板の型枠が現れてきます。

 

この杉板がコンクリートに杉板独特の優しい木目が付き、なんとも言えない素朴な雰囲気に仕上がります。

 

ですが、この工法は失敗が許されないとても緊張する仕上げで、今回もこの型枠を外すときは結構ドキドキします。

 

 

 

はがした状態がこちらの状態です。

 

杉板の色や節の形がコンクリート擁壁に表現されていて、無機質なコンクリートなのに少し温かみのある仕上がりになりました。

 

今後も当社の建物では、積極的に使っていきたい仕上げですね。

2019年4月21日 投稿|