WABIKAの源泉となる、厳選された素材・建材
高い基本性能を実現するために、主に5つの素材をご提案いたします。住宅寿命を長くする「耐震性」、そして、WABIKAのコンセプトでもある「健康」に考慮した素材・建材をご紹介いたします。
1無垢素材の床板

アパートに住まれた経験のある方は、「合板フローリング」と呼ばれる床に足をついたとき、夏場はべたっと、冬場は凍てつくような冷たさを感じたことがあると思います。WABIKAでは、合板フローリングではなく、無垢材と呼ばれる自然素材を床はもちろん、柱などにも採用しております。無垢材の特有の調湿性と断熱性で、一年通して心地よい暮らしができます。無垢材ならではの香りと肌ざわりで、あなたの家の中でも森林浴気分が味わえます。

2漆喰

天然素材100%の「住む人と同じように呼吸する」壁材である漆喰を使用しています。日本の伝統的な壁仕上げ材である漆喰は、湿気をよく吸収し、日本独特の「高温多湿」の気候に最適な壁材です。漆喰塗りは、真っ白で光沢感のある意匠性が、モダンな雰囲気を演出します。

職人の手間はかかりますが、それもお客様のため。調質性を高い水準で保ち、有害物質を排出しない素材と、丹念な職人技を提供いたします。

3高い耐久性をもつ工法・構造材

在来仕口工法をベースに、部分的に金物工法を組み合わせたハイブリッド工法を採用。コンピュータ制御のプレカットマシンで加工された部材によって組み上げる精度の高い躯体構造の中に、必要な箇所にだけ高性能の「テックワンP3」等を使用。「ハイブリッド」と呼ぶにふさわしい、合理的で付加価値の高い住まいをご提案いたします。

また、耐震性のみならず、防虫性も住宅寿命を延ばすことにつながります。世界中のお客様が選んでいるベイト工法を導入することにより、シロアリを寄せ付けず、住宅の腐食を防ぎます。人体に有害な薬剤は使用しないので、健康面でも安心な工法です。

4夏涼しく、冬暖かい断熱性能

高気密・高断熱の家は、家の中の温度を一定に保ち、一年中快適に過ごすことができます。断熱性能を高めるためには、サッシと断熱材が重要になります。耐候性の高いアルミと、熱伝導率の低い樹脂を組み合わせたサッシを採用することにより、一般的に使用されているアルミサッシに比べて高い断熱性が実現しました。

また、断熱材も選び抜き、高性能のガラス繊維系断熱材を採用。断熱性能はもちろん、防火性・防音性・省エネ性のいずれも高い水準で施工することができます。また、他の断熱材よりもコストメリットが大きく、お客様のご予算内でご提供いたします。

5換気システム

室内の空気汚染を防ぎ、ご家族の皆様に健康的に過ごしていただくために、従来の換気システムより効率的な換気性能をもつシステムを導入しております。地中熱を有効活用するパッシブな設計ですので、高い省エネ性が実現しました。

WABIKAのコンセプトである、「健康」をお約束するために、自然素材と先進のシステムを巧みに組み合わせることで、ご家族の皆様に健康的な住まいをお届けいたします。